2017年7月中旬 ゼフィルスは終盤になっていた

 朝よりゼフィルスポイントへ行った。前橋のKさんがすでに来ていて、一緒に撮影した。アイノミドリシジミとジョウザンミドリシジミがテリ張りしていたが、高い所に止まるため撮影はできなかった。テリ張りが終わった後で、アイノミドリシジミが下に降りてきて、吸水していた。テリ張りで喉が渇いたのだろう。

b0107948_22343347.jpg

 その内に、開翅してくれた。

b0107948_22343952.jpg

 翅にはテリ張りよりできた傷があった。この個体は帰る時まで下草に止まっていた。
 次に、ジョウザンミドリシジミが下に降りて、吸水し始めた。

b0107948_22344690.jpg

 撮影しているともう1頭が飛んできて、葉の上で、2頭並んで開翅した。

b0107948_22345323.jpg

 上から撮影しようとしたところで飛ばれてしまった。残念。
 その後で、メスアカミドリシジミのテリ張り時間になった。

b0107948_22345894.jpg

 高い所に止まるので、うまく撮影できない。
 次の場所に移動して、エゾミドリシジミのテリ張り時間まで待っていると、低い木の上にも止まってくれた。

b0107948_22350713.jpg

 バリアングルファインダーで上から

b0107948_22351338.jpg

 こちらも結構、傷があった。
 周りの木をペシペシと叩いているとウラキンシジミが降りてきてくれた。

b0107948_22352567.jpg

 この個体はあまり遠くには飛ばず、近くの葉の上に止まったので、撮影していると少し、開翅してくれた。

b0107948_22353112.jpg

b0107948_22353700.jpg

b0107948_22354292.jpg

 開翅はここまでだった。
 今年はなかなかゼフィルスの時期が始まらないと思っていたら、もう終盤になってしまっていた。

[PR]
# by cactuss | 2017-07-19 22:52 | Comments(0)

2017年7月中旬 フジミドリシジミなど

 群馬県で生息している蝶の中で、フジミドリシジミとウラクロシジミの2種を群馬県内で撮影していない。毎年、不確かな情報を元に出かけているが、見ることすらできないため、この忙しい時期に無駄なことをしてと毎回、後悔の念にかられている。今年も性懲りもなく、出かけてみた。今までの無駄が実ってか、フジミドリシジミを撮影することができた。ブナの葉の上のフジミドリシジミ

b0107948_19321472.jpg

b0107948_19321945.jpg

 飛び立つところが偶然、写った。

b0107948_19322683.jpg
 少しスレているので、1週間くらい前に行けば新鮮な個体が撮れそうだ。 
 ブナ林の多い群馬県にはフジミドリシジミの個体数は多いと思うが、大木のブナに依存している蝶なので、撮影が難しいということだと思う。

 ここではジョウザンミドリシジミもテリ張りをしていた。

b0107948_19323136.jpg

 きれいなコムラサキ♂もいたので、撮影した。コムラサキの場合は後ろからでもきれいな青が出る。

b0107948_19323885.jpg

 群馬県未撮影種はあとウラクロシジミだけになった。

[PR]
# by cactuss | 2017-07-16 19:47 | Comments(2)

2017年7月上旬 ミヤマカラスシジミなど

 午後からいつもの撮影ポイントへ行ってみました。食草のクロツバラが多いので、ミヤマカラスシジミが多く、ヒメジオンで吸蜜していました。

b0107948_19064297.jpg

 広角で

b0107948_19064997.jpg


b0107948_19070294.jpg

 下の写真は性標があるので、雄です。

b0107948_19070994.jpg

 同じクロツバラを食しているトラフシジミも1つだけいました。

b0107948_19071546.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-07-13 19:12 | Comments(2)