「ほっ」と。キャンペーン

2015年7月中旬 ゼフィルス探し

 久しぶりに天気のいい日となり、「てくてく写日記」のbanyanさんとご一緒して、ゼフィルスの撮影に行きました。まず、カシワ林に再度、行ってみました。目的のハヤシミドリシジミはこの日はうまく降りて来てくれませんでした。代わりにウラジロミドリシジミウスイロオナガシジミを撮影できました。

b0107948_2044695.jpg


b0107948_2045821.jpg


 なかなかハヤシミドリシジミの開翅は難しいです。
 次に、移動して、高原へ行きました。
 まず、アイノミドリシジミが翅を開いていました。

b0107948_2061077.jpg


 次に、ジョウザンミドリシジミが半開翅してくれました。

b0107948_2064967.jpg


 エゾミドリシジミがクリの花で吸蜜していました。吸蜜の撮影は初めてです。

b0107948_2075724.jpg


 すると、「蝶の観察記録その2」の霧島緑さんが声を掛けてきましたので、一緒に撮影することにしました。
 ウスイロオナガシジミを撮影したいとのことで、ポイント方面へ行き、木をペシペシしていると降りて来てくれました。

b0107948_2093392.jpg


 その後で、ペシペシしながら探していると、なんとウラキンシジミ♀が見つかりました。ここでは2回目の撮影です。

b0107948_20104676.jpg


 霧島緑さんは用事があるとのことで別れ、banyanさんと別の場所へ、メスアカミドリシジミがテリ張りしていました。

b0107948_2012823.jpg


 撮影も終わり、車に戻ろうとした時に、banyanさんが立ち止まるので、何かと思ったら、ウラキンシジミ♂が飛んで、先の葉に止まりました。きれいな金色です。

b0107948_2014264.jpg


 1日に2回もウラキンシジミが撮影できるなんて、banyanさんのお陰です。
 ここで、「ネーチャーフォト」のnaokiさん御一行とお会いしました。

 また、最初の場所に戻り、テリ張りしているエゾミドリシジミを撮影しました。

b0107948_20171131.jpg


 気温が高かったためか、開翅はしてくれませんでした。
 banyanさん、霧島緑さん、楽しい1日をありがとうございました。
[PR]
by cactuss | 2015-07-14 20:28 | Comments(6)
Commented by maximiechan at 2015-07-14 22:33
1日で随分多くのゼフに出会えたのですね。
私も日曜日にウラジロミドリシジミのポイントに行きました。
♂の開翅が目的で、それはバッチリでした。そこに以前蜻蛉のことで色々と教えていただいたMさんご一行が来られ、ハヤシミドリシジミを探していましたが、残念な結果でした。
ハヤシミドリは難しいのですね。
その他出会えたのは、メスアカミドリシジミ、エゾミドリシジミ、オオミドリシジミだったと思います。
Commented by cactuss at 2015-07-14 23:21
maximiechanさん、ウラキンシジミが良かったです。
ウラジロミドリシジミはちょうど良かったと思います。
ハヤシミドリシジミは発生が少し早いのですが、土曜日はほとんどいませんでした。
Commented by banyan10 at 2015-07-15 07:28
当日は大変お世話になりました。
おかげさまで多くの種類を撮影できましたが、ハヤシは難しいですね。
僕としてもウラキン雄が嬉しかったです。
あの場所で観察できたことも良かったです。
Commented by cactuss at 2015-07-15 19:13
banyanさん、こちらこそお世話になりました。
ハヤシは来年の課題となりました。天候も大事ですね。
ウラキンは本当にうれしかったです。
いろいろと知らないポイントがありますね。
Commented by 霧島緑 at 2015-07-18 23:19 x
先日は大変お世話になりました。
アイノの煌めきが何とも美しいですね。こんなシーンを撮影したかったです。
撮影には、あまり天気が良すぎても好結果が得られませんね。難しいものです。
Commented by cactuss at 2015-07-19 05:29
霧島緑さん、こちらこそお世話になりました。
今年はアイノは数が少なかったです。
年によって数が増減する様ですね。
<< 2015年7月中旬 八ヶ岳のタ... 2015年7月上旬 ハヤシミド... >>