2016年9月中旬 望遠レンズ変更

 2シーズンの間、オリンパスの40-150ミリF2.8を使ってきました。このレンズはピントが合った時は非常にシャープな写真が撮れますが、ピントが合わない事がよくあり、しばしばシャッターチャンスを逃し、いらいらすることが多かったので、思い切って、ニコンの300ミリF4に変更することにしました。オリンパス40-150ミリF2.8はオートフォーカスに強いボディーが発売されるまで、保管しておくことにしました。
 ニコン300ミリF4を購入しましたが、所用があったり、天気に恵まれなかったり、なかなか撮影機会がなかったのですが、昨日、1時間ほど、撮影できたので、写真を掲載します。

 ツマグロヒョウモン♀

b0107948_17460593.jpg

 ヒカゲチョウ

b0107948_17461250.jpg

 ウラギンシジミ♀

b0107948_17462202.jpg



 これが普通なのでしょうが、ピントは短時間で合う様になりました。最短撮影距離がオリンパス40-150ミリF2.8が0.7mだったのに比べ、1.4mとなったため近づきすぎて、ピントが合わないことがありましたが、これから慣れていこうと思います。

[PR]
by cactuss | 2016-09-18 18:02 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2016-09-19 09:41
ピント合わせに時間がかかると撮り漏らす
ことが多くなるので、望遠レンズで早くあ
うと嬉しいですね!
さらなる成果を期待しています。
Commented by cactuss at 2016-09-19 10:39
himeooさん、オリンパスのレンズはピントが合わないことがあり、本当にいらいらしました。
新しいレンズはオートフォーカスに関してはかなり良くなると思います。
Commented by ダンダラ at 2016-09-19 17:19 x
新しいレンズに変更ですか。
ニコンの300mmは評判の良いレンズですから、撮影時の不満はかなり解消されるでしょうね。
撮影距離は、結構体が覚えていたりするので、しばらくは戸惑われるとは思いますが、そろそろオフシーズンだからちょうど良いかもしれないですね。
新しい作品を楽しみにしています。
ところで、ボディは何をお使いですか、差し支えなければ教えてください。
Commented by cactuss at 2016-09-19 18:55
ダンダラさん、最短撮影距離よりも近づいてしまうことがよくあり、練習が必要です。
ボディは今までマクロレンズを付けていたD800を使っています。
300ミリF4と105ミリマクロはほぼ同じ重量なので、マクロ、広角と合わせて、全体としてかなり軽くなりました。
Commented by たま at 2016-09-19 18:59 x
今年はお目にかかれず残念です…>_<…

僕もこのレンズ使っていますが一番の不満な点ですよね
フォーカスリミットついてればいいのにとたまに思います
待ちのときはあらかじめ近場にフォーカス合わせて待つようにしてます
mark2ではその辺り改善されるといいのですが
Commented by cactuss at 2016-09-19 20:02
たまさん、今年はお会いする機会がありませんでしたね。
40-150ミリF2.8はピント位置が被写体の近くにあるとピントが合いやすいので、マニュアルフォーカス的な使い方が必要ですね。
オートフォーカスが改良されたカメラが発売されるといいですね。
<< 2016年10月上旬 蛹、幼虫 2016年9月上旬 晴れ間の中で >>