2017年4月中旬 新潟のギフチョウ

 今年の新潟方面は土日はなかなかいい天気に恵まれず、ギフチョウの撮影に行く踏ん切りが付かない状況だったが、朝5時の天気予報で12時まで晴れマークが付いていたので、思いきって行くことにした。最初に行ったいつも行く場所ではカタクリの花が時期を過ぎて、ほとんどしおれていた。ちょっとましなカタクリに吸蜜に来たところを撮影。

b0107948_19192301.jpg

 ショウジョウバカマの花に止まっている個体も撮影した。

b0107948_19192965.jpg
 次の場所に行くと、カタクリの花はちょうどいい感じで咲いていた。ただ、ギフチョウはたまにしか飛んでこないし、ほとんど止まらないので、飛翔写真を撮影した。

b0107948_19194154.jpg
 昨年まで2年間は飛翔写真を音の出ない電子シャッターで撮影していたが、「ローリングシャッター現象」なるものがあるとのことで、今年からはメカニカルシャッターで撮影している。そのせいか、結構、鮮明に撮影できた。
 また、きれいな雌も飛んできて、止まったので、撮影することができた。

b0107948_19194907.jpg
 3ヶ所目もカタクリはいい感じに咲いていたが、ギフチョウがほとんど飛んでこなかった。撮影した個体は交尾嚢が付いていない未交尾の雌だった。

b0107948_19195576.jpg

 この日の新潟は風が非常に強く、そのためにギフチョウがあまり飛ばなかったものと思われる。

[PR]
by cactuss | 2017-04-19 19:14 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2017-04-21 17:22 x
カタクリとショウジョウバカマに来ているギフがいいですね。
新潟のギフの発生状況が気になっていますが、今年の雪の状態はどうでしょうか。
いつも皆さんがいかれる場所はカタクリが終わりということですが、この場所では例年通りの状況という感じでしょうか。
Commented by cactuss at 2017-04-21 19:11
ダンダラさん、新潟の状況は皆さんがいつも行く場所はカタクリの花はほとんど終わりでした。
今年は雪が多かったので、東側の山沿いのカタクリはちょうど良く咲いていました。
これから少しずつ南の方が良くなっていくと思います。
<< 2017年4月下旬 ツマキチョウ 2017年4月中旬 春の蝶 >>