2017年4月29日 赤城姫始動式

 4/29に「赤城姫を愛する集まり」の始動式があり、参加しました。結構、暖かかったので、ヒメギフチョウが飛び出すのを期待しましたが、見ることはできませんでした。ジョウザンミドリシジミの卵があったので、TG-4で撮影しました。

b0107948_22112357.jpg

 お昼頃より、曇ってきて、雨もパラついたので、始動式は終了となり、次に、春型のアゲハ類が集まるツツジの咲く場所の様子を見に行きました。ヤマツツジは咲いていましたが、他のツツジはまだの状況でしたが、ミヤマカラスアゲハ♂が吸蜜に来ていました。

b0107948_22113592.jpg

b0107948_22114188.jpg

 テリ張りしている蝶がいたので、止まったところを撮影するとアオバセセリでした。

b0107948_22114743.jpg

 この場所で4月にアオバセセリを見るのは初めての様な気がします。
 本日4/30も赤城山へ行ってきました。ようやくヒメギフチョウが飛び始めました。

b0107948_22115359.jpg

[PR]
by cactuss | 2017-04-30 22:22 | Comments(2)
Commented by clossiana at 2017-05-02 17:45
ご無沙汰してます。
何か2つの季節の間を行き来しているような感じですね。片や未だ冬芽のままだし赤城姫の飛び回っている場所も早春の感じのままだし、片やミヤマカラスアゲハやアオバセセリが飛んでいて初夏を思わせます。これは高度差ですか?私は先日、埼玉でオオミドリの幼虫を見ましたが、もう終齢でした。一方で福島のムモンアカの場所では冬芽のままでした。ちょっとした違いでも成長は全く違いますね。
Commented by cactuss at 2017-05-02 19:04
clossianaさん、こちらこそご無沙汰しています。
赤城山のヒメギフチョウがいる場所は標高が1100mくらいです。
ミヤマカラスアゲハ、アオバセセリがいた場所は標高が450mくらいです。
ミヤマカラスアゲハやアオバセセリは麓で羽化した個体が山の上まで飛んできているものと思われます。
それでも今年は種類による発生時期が例年と違うような気がします。
<< 2017年4月下旬 赤城姫とス... 2017年4月下旬 いろいろな... >>