2017年7月下旬 スミナガシなど

 夏型のスミナガシの撮影は樹液に吸汁に来たところを撮影するのが定番だが、夏型も春型と同様にテリ張りするので、毎年、撮影に行っている。テリ張りする時刻は春型よりも少し遅い時間帯から始まる。

b0107948_18225045.jpg

 ちょっと高いところに止まるので、一脚にカメラを付けて、フラッシュが光る設定で、インターバル(1秒)撮影をしました。暗い状況で、シャッタースピードが上がらないので、ブレ写真が多かったが、なんとか撮影することができた。

b0107948_18225647.jpg

 この場所は数種の蝶が多層でテリ張りするので、スミナガシはあまり高い所には止まらない。上からオオムラサキアカボシゴマダラ

b0107948_18230237.jpg

b0107948_18230876.jpg

 同じ高さで、アオバセセリ、アカタテハ、その下でダイミョウセセリがテリ張りする。

b0107948_18342126.jpg
b0107948_18231537.jpg

[PR]
by cactuss | 2017-08-06 18:35 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2017-08-06 18:56
多種多様なチョウたちが競ってテリ張りする
この場所は蝶撮屋にとって堪らない場所です
ね!
Commented by cactuss at 2017-08-06 23:17
himeoo27さん、オオムラサキやアカボシゴマダラは高すぎて、うまく撮影できませんが、スミナガシの撮影にはいい場所です。
Commented by naoggio at 2017-08-08 11:01 x
夏型の見事なスミナガシにうっとりです。
私も今年は撮りたいなあと思っていたのですがなかなかチャンスがありません。
それにしても一脚使用でよくこうきれいに撮れるものですね。
Commented by cactuss at 2017-08-08 22:03
naoggioさん、スミナガシは樹液に来る個体を狙うよりテリ張りの方が確実に撮影できます。
バリアングルファインダーを見ながら撮影できるので、明るければ結構、うまく撮影できると思います。
<< 2017年8月上旬 キマダラモ... 2017年7月下旬 キリシマミ... >>