「ほっ」と。キャンペーン

2007年5月26日 幼虫撮影

 本日は師匠と一緒に幼虫撮影に行きました。まず、栃木県でクロヒカゲモドキ、ヒカゲチョウ、フタスジチョウの幼虫を撮影し、次に、群馬県でヒメキマダラヒカゲの幼虫を撮影しました。

クロヒカゲモドキ幼虫
b0107948_23524539.jpg


ヒカゲチョウ幼虫
b0107948_23534271.jpg


 フタスジチョウの幼虫はまだ、小さく、越冬巣に入っているものもいて、摂食している幼虫も驚かすと、越冬巣にもぐりこんでいました。

フタスジチョウ幼虫
b0107948_23541396.jpg


ヒメキマダラヒカゲ幼虫
b0107948_2357241.jpg


 また、新鮮なコジャノメが飛んでいました。

コジャノメ
b0107948_23582614.jpg

[PR]
by cactuss | 2007-05-27 00:03 | Comments(10)
Commented by maeda at 2007-05-27 06:20 x
すばらしいですね!
本格的に幼虫を探すことが少ないのですが、今後はいろいろチャレンジしてみたいと思っているところです。
Commented by kenken at 2007-05-27 18:00 x
クロヒカゲモドキの幼虫とは渋いですねぇ。
頭のやや先に見えているのが独特の食痕のようですね。
Commented by nomusan at 2007-05-27 19:06 x
凄いですね、よくこれだけ幼虫見つけられるものです。素晴らしい。クロヒカゲモドキの幼虫、スマートですね(笑)。
Commented by kmkurobe at 2007-05-27 20:07
イヤー恐れ入りました。渋い種類の連発ですね。しかしクロヒカゲモドキ初めて見ましたが本当にスリムなんですね。
Commented by fanseab at 2007-05-27 21:39
いずれも見たい幼虫ばかりで涎が出ます(笑) クロヒカゲモドキは
やはりオオヒカゲとそっくりですね。食草で見分けるしかないのでしょうか?
Commented by cactuss at 2007-05-27 22:00
maedaさん、幼虫は成虫が羽化する1ヶ月前に探すといいと師匠が言っています。でも、幼虫探しは根気が必要ですね。
Commented by cactuss at 2007-05-27 22:03
kenkenさん、食痕を見逃さないところがさすがですね。師匠からもこの食痕が目印だと教わりました。今回師匠が見付けたのが、この1頭だけです。小生には到底見付けることが出来ないと思います。
Commented by cactuss at 2007-05-27 22:06
nomusan、ほとんど師匠が見付けたものを撮影させてもらいました。クロヒカゲモドキは成虫は限られた生息地で数が少ないのに、幼虫を見付けるなんて大変なことです。
Commented by cactuss at 2007-05-27 22:11
kmkurobeさん、クロヒカゲモドキはヒカゲチョウやクロヒカゲの幼虫と少し、違う感じです。かえってオオヒカゲの幼虫とよく似ています。
Commented by cactuss at 2007-05-27 22:15
fanseabさん、クロヒカゲモドキの幼虫はオオヒカゲの幼虫とよく似ています。食草が違うことと、生息環境がオオヒカゲは湿地にいるのに対し、クロヒカゲモドキは山にいるので、区別がつくと思います。
<< 2007年5月27日 アカシジミ初見 2007年5月20日 クロツバ... >>