2017年6月中旬 オオヒカゲ

 オオヒカゲは朝早い時間帯は開翅する個体が多かった。

b0107948_21063531.jpg

b0107948_21064374.jpg

b0107948_21070622.jpg
b0107948_21070016.jpg

 3枚目と4枚目は連続で撮影した最初の方の写真と後の方の写真である。写真の編集をしている際に気付いたが、後の写真にはオオヒカゲの下にカミキリムシがいることがわかった。このカミキリムシはヤツメカミキリの様だ。下の写真が拡大したものだが、下からカミキリムシが来ても逃げないのが、不思議である。

b0107948_21225396.jpg

 葉止まり

b0107948_21071988.jpg

 定番の木止まり

b0107948_21072496.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-06-22 21:23 | Comments(2)

2017年6月中旬 ウラミスジシジミ、クロミドリシジミ

 再び、栃木県へ撮影に行った。ポイントには1番のりだったので、一通り木を叩いて、降りてくる蝶を期待したが、降りてきたのはルリシジミ1頭のみ。ちょっとがっかりして、別の場所に行ってから、戻ると2名の蝶友が木を叩いている。少ないとのことだが、クロミドリシジミが今降りてきたとのことで、もう一度、叩き始める。するとウラミスジシジミが降りてきてくれた。まず、止まったところを撮影。

b0107948_19284327.jpg

 この個体はここから飛んで、日の当たる場所に移動した。そこでなんと開翅してくれた。

b0107948_19285230.jpg

 その後で閉じたところ。

b0107948_19285826.jpg

 そこから小飛して、離れたところで半開翅。

b0107948_19290547.jpg

 表と裏の色がこれほど違う蝶も珍しいと思う。
 その後で、撮影者3名がいらして、さらに木を叩いていると、ゼフィルスが飛んで、少し高い所に止まった。最初は翅を開いていたが、閉じたところを撮影するとクロミドリシジミだった。

b0107948_19291114.jpg

 上の写真は150ミリで撮影したものだが、300mm+1.4テレコンで撮影すると下の様に大きく撮影できる。

b0107948_19291948.jpg

 もっと近くで撮影しようと撮影者6名で木を傾けながら代わる代わる撮影した。この個体はおとなしく、揺れても逃げることがなく、最後は広角でも撮影できる様になった。

b0107948_19292555.jpg
b0107948_19293168.jpg

 個体数が少なかったが、皆さんのお陰で目的の両種が撮影でました。

[PR]
# by cactuss | 2017-06-19 19:46 | Comments(4)

2017年6月中旬 オオミドリシジミなど

 家の近くの公園にオオミドリシジミの撮影に行った。8時少し前から出てきてくれた。

b0107948_18551138.jpg

 翅を少しずつ広げて、違う場所に移動した。

b0107948_18551907.jpg

 後ろからのこの角度が一番、輝く角度の様だ。別の場所に移動して、翅を開いた。

b0107948_18552818.jpg

 近づいてマクロレンズでも撮影した。

b0107948_18553666.jpg

 別角度で

b0107948_18555397.jpg

 次に、ミドリシジミを撮影に別の場所に移動した。数は少ないが、一度だけ出てきてくれた。

b0107948_18560189.jpg

 飛んだ感じではAB型の雌の様だったが、結局、翅を開く前に飛んで行ってしまった。
 ウラナミアカシジミは数が多かった。

b0107948_18560940.jpg

 クリの花で吸蜜しているものもいた。

b0107948_18561697.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-06-16 19:04 | Comments(0)