<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2008年11月29日 ミヤマシロチョウ越冬巣調査1

 今年も日本チョウ類保全協会による東信地方のミヤマシロチョウ越冬巣調査に行ってきました。日本チョウ類保全協会のNさんと東御市役所のSさんが中心になり、総勢11名で調査を行いました。雪は昨年よりも多かったですが、天気は良く、真っ青な空の色に感動しました。

樹氷から青空を望む
b0107948_2252224.jpg


 ポイントへ行く途中で、Nさんがヒメキマダラヒカゲの幼虫を見付けてくれました。

ヒメキマダラヒカゲ幼虫
b0107948_2265638.jpg


 こんなに雪が積もっているのに、まだ、食草に付いて、活動していました。

 ミヤマシロチョウのポイントでは3班に分かれて、越冬巣の調査を行いました。今年は越冬巣の数が昨年の半分しか見付かりませんでした。Nさんは年により変動はあると言っていましたので、今後を見守っていきたいと思います。

ミヤマシロチョウ越冬巣
b0107948_22111658.jpg


ミヤマシロチョウ越冬巣
b0107948_22115144.jpg


 ちなみに、今年の6月にミヤマシロチョウの幼虫の撮影に行った時に撮影した写真を掲載します。ちょっとインパクトが強かったため、その時は掲載を見送りましたが、元気に成長するとこの様になります。

ミヤマシロチョウ幼虫 2008年6月15日撮影
b0107948_22155276.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-29 22:19 | Comments(20)

2008年11月23日 ムラサキシジミなど

 この日は暖かかったので、家の近くで昨年、見付けたムラサキシジミの越冬場所に行ってみました。ここは山の陰になって、北風が当たらない場所なので、回りからムラサキシジミが集まって来るようです。下草に止まって、何頭かが開翅していました。

ムラサキシジミ♀
b0107948_230842.jpg


 ウラギンシジミも日向ぼっこに出てきました。

ウラギンシジミ♂
b0107948_2315329.jpg


 同じ所を飛び回っているムラサキシジミがいたので、飛翔写真を撮ってみました。

ムラサキシジミ♂飛翔
b0107948_2354941.jpg


 稲刈り済んだ田んぼの畦道へ行くとウラギンシジミやキタキチョウが飛んでいました。

ウラギンシジミ♀
b0107948_2371530.jpg


キタキチョウ吸蜜
b0107948_2383928.jpg


 サザンカが咲いている所があったので、見てみると、ここにもムラサキシジミが飛んでいました。吸蜜には来ませんでしたが、開翅した所を撮影しました。

ムラサキシジミ♂
b0107948_23113742.jpg


ムラサキシジミ♀
b0107948_23122495.jpg


 縦位置広角で

ムラサキシジミ♀
b0107948_231363.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-26 23:15 | Comments(10)

2008年11月22日 千葉の公園で撮影+オフ会

 この日はbanyanさんの呼びかけで北海道から仕事でいらっしゃるブログ仲間のmaedaさんを囲む会を開催されることになりました。maedaさんに初めてお会いできる機会なので、参加する事にしました。昼の部は千葉の公園でムラサキツバメの撮影会を行う事になり、教えてもらった公園に行きました。さすがに千葉の公園は暖かく、歩いているとムラサキシジミが飛んでいました。

ムラサキシジミ♂
b0107948_14451572.jpg


 さらに歩いていくと、カメラを構えている人がいました。本日の世話役のbanyanさんが葉裏に止まっているウラギンシジミを撮っているところでした。これからmaedaさんを駅まで迎えに行くとのことです。ムラサキツバメの越冬場所を教えてもらい、そちらに向かう事にしました。まず、banyanさんが撮影していた2頭並んで越冬しているウラギンシジミを撮影しました。

ウラギンシジミ越冬
b0107948_14531596.jpg


 教えてもらった所で、越冬集団を探すとすぐに見付かりました。

ムラサキツバメ越冬集団1
b0107948_15141159.jpg


 さらに先に進むとfanseabさんとfuruさんが撮影していました。ここが大集団がある所でした。3m程の高さなので、望遠マクロで撮影していると、回りの日だまりでムラサキツバメが日向ぼっこをしていました。

ムラサキツバメ♂
b0107948_15144099.jpg


ムラサキツバメ♀
b0107948_1515833.jpg


 しばらくするとこの公園のムラサキツバメの越冬を調査しているclossianaさんとpapilaboさんがやってきました。clossianaさんは皆さんの撮影のために脚立を持ってきてくれたので、大変助かりました。代わる代わる脚立に乗って、越冬集団を近くから撮影することができました。

ムラサキツバメ越冬集団2
b0107948_1571337.jpg


 その後で、maedaさんとbanyanさんが到着しました。maedaさんと名刺交換をしてから、越冬集団や回りで日向ぼっこをしている個体を撮影しました。駅へ戻る途中でclossianaさんやpapilaboさんが見付けておいた越冬集団を撮影しました。本日の最大の越冬集団はモクレンの葉に出来た集団です。40頭ほどいるとのことです。

ムラサキツバメ越冬集団3
b0107948_15121811.jpg


 越冬しているムラサキシジミもいましたが、こちらは大集団にはならない様です。

ムラサキシジミ越冬
b0107948_1518473.jpg


 昼の部が終わってから夜の部を行う東京へ向かいました。電車の中でmaedaさんからいろいろとお話を聞けて、大変参考になりました。夜の部は東京駅近くでダンダラさん、hirokouさん、愛野緑さん、theclaさんも合流しての飲み会となりました。maedaさんからモンゴルへ撮影に行った時の事などいろいろな話を聞けましたし、ダンダラさんともいろいろとお話をすることができて、大変、楽しい飲み会でした。この会を企画して頂いたbanyanさんに感謝します。
[PR]
by cactuss | 2008-11-24 15:52 | Comments(22)

蝶撮影の合間に撮影した野鳥2

 引き続き、蝶を撮影に行った時に撮影した野鳥を掲載します。

ホオジロ 2008年9月7日 群馬県富士見村撮影
b0107948_23563862.jpg


ノビタキ 2008年9月23日 群馬県安中市撮影
b0107948_23573423.jpg


アオサギ 2008年10月25日 群馬県安中市撮影
b0107948_23581726.jpg


イソヒヨドリ♀ 2008年11月1日 和歌山県太地町撮影
b0107948_23592063.jpg


ジョウビタキ♂ 2008年11月2日 和歌山県潮岬撮影
b0107948_004124.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-23 00:03 | Comments(6)

蝶撮影の合間に撮影した野鳥1

 今年、蝶の撮影をしている時に撮影した野鳥を掲載します。時期と場所から目的の蝶がわかるかもしれませんが、ご想像におまかせします。

ヒバリ 長野県東御市 2008年5月27日撮影
b0107948_2056479.jpg


ホオジロ 兵庫県ハチ高原 2008年7月6日撮影
b0107948_20581459.jpg


ミソサザイ 群馬県高崎市 2008年7月19日撮影
b0107948_2059749.jpg


ホオアカ 長野県茅野市 2008年8月10日撮影
b0107948_2131646.jpg


ヒガラ 群馬県富士見村 2008年9月7日撮影
b0107948_2142556.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-20 21:09 | Comments(2)

2008年11月15日 晩秋の蝶たち

 この日は前日の天気予報では晴れでしたが、雲の多い天気となってしまいました。妙義山の紅葉もよさそうな時期だったので、行ってみましたが、観光客がたくさん来ていて、車の止める場所もない状態でした。

妙義山中之岳
b0107948_21141655.jpg


 ちょっと撮影してから、ミツバチの巣が置いてあるところに行ってみました。巣に近づくとミツバチが飛んでくるので近づけません。その回りでキタキチョウとベニシジミが飛んでいました。この時期に成虫を見るとうれしくなります。

キタキチョウ
b0107948_21163039.jpg


ベニシジミ
b0107948_2117273.jpg


 エノキの葉は黄色く色づいていましたが、まだ葉が残っている状態なので、ゴマダラチョウの幼虫は降りていないと思いましたが、探してみると、茶色に色が変わった幼虫と緑色のままの幼虫が見付かりました。

ゴマダラチョウ幼虫(茶色)
b0107948_21205979.jpg


ゴマダラチョウ幼虫(緑色)
b0107948_21215637.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-18 21:27 | Comments(4)

2008年11月9日 堤防の回りの蝶たち2

 この日も前日に引き続き、どんよりと曇った日だったので、前日、観察した黒いアカタテハの蛹が羽化しているのではないかと見に行きました。運動不足解消のため、堤防を歩いているとどうも昨日と様子が違っています。目的のアカタテハの蛹のあった所に到着すると、なんと堤防の道から川側の2~3mの草が刈り取られていました。蛹の付いていた草も刈り取られていて、探しても見付かりません。この時期はこういうことがよくあります。しかたなく、刈り取られていない下の方の草を探すとクズの葉をたたんだ巣がありました。蛹の巣は食草でなくても大丈夫の様です。

アカタテハ巣(クズの葉)
b0107948_2126120.jpg


 開いてみると、蛹の抜け殻がありました。

アカタテハ蛹の抜け殻
b0107948_2127473.jpg


 この蛹は無事に羽化した様です。さらに、別の巣を覗いて見ると、赤い部分が見えます。開いて見ると、羽化の途中で力尽きてしまった蛹でした。

アカタテハ羽化失敗
b0107948_2130899.jpg


 羽化する時期に急に寒くなってしまい、羽化できなかった様です。この様に人間の行為や自然現象により成虫になれないものが結構いるのでしょうね。
[PR]
by cactuss | 2008-11-16 21:36 | Comments(10)

2008年11月8日 堤防の回りの蝶たち

 この日はヒメアカタテハの幼虫でもいなかなと思い、堤防を歩いてみたところ、きれいなノハラアザミが咲いていました。

ノハラアザミ
b0107948_21391187.jpg


 歩いていると、目立つヒメアカタテハの巣がありました。

ヒメアカタテハ巣
b0107948_21403145.jpg


 開いてみると

ヒメアカタテハ幼虫
b0107948_2157351.jpg


 運動不足解消に堤防の道を歩くことにしました。しばらく歩いているとアカタテハの幼虫の巣がありました。

アカタテハ巣
b0107948_21582136.jpg


 開いてみると、こちらは蛹でした。

アカタテハ蛹
b0107948_21592974.jpg


 黒くなって、明日にも羽化しそうです。
 家に帰ってからミカンの木にいるクロアゲハの幼虫を撮影しました。

クロアゲハ終令幼虫
b0107948_220586.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-14 22:03 | Comments(0)

2008年11月7日~8日 ルリタテハの羽化

 ルリタテハの羽化で不思議な事がありましたので、報告します。10月に掲載しましたが、庭のホトトギスで成長したルリタテハの幼虫が10/13に前蛹、10/15に蛹になりました。その後、経過観察していました。11/5夕方には少し黒くなって、羽化近くの状態になっていました。11/6の21時頃に観察すると、触角だけ出た状態だったので、寒すぎて、羽化に失敗したかなと思っていました。11/7の朝に撮影したものが下の写真です。

ルリタテハ蛹
b0107948_21544844.jpg


 撮影してから出勤し、夜、家に帰ってから見てみると、蛹の根元だけ残っていました。鳥に食べられてしまったかなと思い、翌朝、観察すると、下に蛹の抜け殻が落ちていました。鳥やカマキリに食べられたとすると抜け殻ごと食べてしまうと思いますので、触角が出た状態で、一晩経ってから、翌日に羽化したのではないかと思われます。

ルリタテハ蛹の根元
b0107948_2205097.jpg


ルリタテハ蛹の抜け殻
b0107948_2213052.jpg


 こんな事があるのでしょうか。不思議です。
[PR]
by cactuss | 2008-11-12 22:04 | Comments(6)

2008年11月3日 クロツバメシジミ

 この日はどんよりと曇っていましたが、近所のクロツバメシジミ(クロツ)のポイントのツメレンゲがちょうど良く咲いている頃なので、行ってみました。スレたものが多かったですが、まだ、新鮮な個体もいました。

クロツバメシジミ
b0107948_21431480.jpg


 広角でも撮ってみました。

クロツバメシジミ
b0107948_21443322.jpg


 ツメレンゲの花はちょうど良く咲いていましたが、曇っていたため、動きが鈍く、吸蜜に来てくれませんでした。午後になり、雲が移動し、日が差す様になると、クロツの活動も活発になり、吸蜜に来てくれました。

クロツバメシジミ♀
b0107948_21474674.jpg

[PR]
by cactuss | 2008-11-10 21:51 | Comments(6)