<   2016年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2016年7月下旬 家の近くで撮影

 この日は関東地方は天気が悪く、長野県は天気が良い予報だった。長野県の隣町へ行くと確かに晴れていた。そこでスジグロチャバネセセリなどを撮影した。

b0107948_20324256.jpg


b0107948_20325745.jpg


b0107948_2033723.jpg


 ルリシジミ雌もいたので、撮影

b0107948_20332987.jpg


 群馬県に戻ると、やはり天気が悪い、スミナガシ、アオバセセリがテリを張る所まで行ってみると3時頃より夏型がテリを張り始めた。

b0107948_2035873.jpg


 バリアングルファインダーで上から

b0107948_20352214.jpg


 アオバセセリは相変わらず、飛んでばかりだが、春と違い近くに白い花があって、一度だけ吸蜜してくれたので、撮影できた。

b0107948_20363988.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-07-31 20:39 | Comments(0)

2016年7月中旬 合同観察会2

 蝶の保護3団体による合同観察会の2日目、皆さんの日頃の行いが良いせいか、数日前の予報とは異なり、大変、いい天気となりました。朝起きて、6時に1階の食堂に降りると、加古川の皆さんはすでに撮影に出かけているとのことでした。朝食を食べてから、本日の集合時間までに少し、時間があったので、ホシチャバネセセリのポイントにご案内しました。時期的に少し、早いかなと思いましたが、なんとか1匹、見つけることができ、皆さん、撮影することができました。

b0107948_1939369.jpg


 前から見るとファントムです。

b0107948_1940640.jpg


 ここにはコキマダラセセリもいました。

b0107948_19403128.jpg


 3団体のメンバーが集合し、本日、登る長野県側の高山蝶の生息地へ向かいました。
 頂上付近ではミヤマシロチョウのマツムシソウでの吸蜜シーンが撮影できました。

b0107948_19435265.jpg


 ミヤマシロチョウの求愛はいつ見ても激しいです。雌は交尾拒否しています。

b0107948_19454969.jpg


 ミヤマモンキチョウはなかなか近くに来てくれないので、撮影に苦労しました。草かぶりですが、産卵シーンです。

b0107948_19465810.jpg


 求愛飛翔、モンキチョウ雄との求愛飛翔が多いのですが、これは両方ともミヤマモンキチョウです。

b0107948_194946100.jpg


 ミヤマモンキチョウの卵が3つ並んでいました。赤い卵は産卵してから時間が経っています。

b0107948_19525070.jpg


 ここでは最近、減少しているコヒョウモンモドキがいました。ヒメシジミが吸汁している獣糞に寄っていって、一緒に吸汁してくれました。

b0107948_19514789.jpg


 下山する時に、前蛹を見つけてくれました。エルタテハではないかとの結論になりましたが、調べたら確かにエルタテハでした。

b0107948_19541118.jpg


 いろいろとお話しもでき、皆さんの撮影スタイルも見ることができ、楽しい2日間でした。観察会の準備をして頂いた「嬬恋村高山蝶を守る会」の方々には感謝申し上げます。
[PR]
by cactuss | 2016-07-29 20:02 | Comments(0)

2016年7月中旬 合同観察会1

 この日は午後より「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」、「嬬恋村高山蝶を守る会」と「赤城姫を愛する集まり」の3団体合同のミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウ観察会が開かれ、参加しました。
 「嬬恋村高山蝶を守る会」の関係者はリフトがただなので、ラクチンに群馬県側のミヤマシロチョウの生息地へ行くことができました。天気が悪かったのですが、ミヤマシロチョウを見ることができ、吸蜜シーンも撮影することができました。

b0107948_19443623.jpg


b0107948_19444635.jpg


b0107948_19445796.jpg


 も観察できました。メギの葉は小さいので、てんこ盛りです。

b0107948_19452993.jpg


 ミヤマモンキチョウの卵も見つかりました。

b0107948_19461592.jpg


 他の蝶ではコヒョウモンが多かったです。

b0107948_19464431.jpg


 観察会の後は宿泊する「わたらせ」へ行って、3団体の活動報告などを聞かせてもらいました。他の保護団体の活動を聞く機会はあまりないので、大変、参考になりました。夕食後は懇親会があり、いろいろ楽しいお話しや参考になる話を聞かせてもらい、楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
by cactuss | 2016-07-27 19:52 | Comments(0)

2016年7月中旬 天気の良くない中で

 本日は午後より蝶保護3団体共同の観察会があるので、集合時間の13:00まで近くで撮影しました。まず、朝、カシワの木を叩いて、ゼフィルスを降ろしたところエゾミドリシジミの雌が2匹下りてきました。開翅させようとLEDライトを当てましたが、いやがって、飛んで行ってしまいました。

b0107948_1951534.jpg


b0107948_1952733.jpg


 また、ここにはヘリグロチャバネセセリもいました。

b0107948_19525945.jpg


 山に登ると「嗚呼っっ今日も証拠画像」のdaron03xさんがいましたが、テリ張りしているアイノミドリシジミはボロボロで撮影意欲がなくなりました。今年はゴイシシジミが発生数が多く、V字開翅しているものもいました。

b0107948_2011540.jpg


 クロヒカゲが全開で止まっていたので、撮影。

b0107948_202578.jpg


 ミヤマカラスアゲハ雌も飛んできました。

b0107948_202377.jpg


 ヤナギランではオオチャバネセセリコチャバネセセリが吸蜜していました。

b0107948_2034539.jpg


 コヒョウモンが多く、吸蜜していました。

b0107948_20439100.jpg


 共同観察会については次回、掲載します。
[PR]
by cactuss | 2016-07-25 20:09 | Comments(0)

2016年7月中旬 オナガシジミなど

 この日はあまり天気が良くなかったので、群馬県内を回ってみました。まずはオナガシジミ

b0107948_1954990.jpg


 バリアングルファインダーを使って

b0107948_19543181.jpg


 すごく赤っぽいコキマダラセセリがいました。

b0107948_1955135.jpg


 ジョウザンミドリシジミは少し時期が遅かった様です。

b0107948_19552743.jpg


b0107948_19553442.jpg


 ホシチャバネセセリも出ていました。

b0107948_19555788.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-07-22 19:57 | Comments(0)

2016年7月上旬 エゾミドリシジミ

 高山蝶を撮影した後はエゾミドリシジミのテリ張り時間に間に合う様に場所を移動しました。なんとか間に合い、撮影することができました。

b0107948_2034177.jpg


 下草にも止まってくれました。

b0107948_204365.jpg


b0107948_2041151.jpg


 卍巴飛翔もさかんにしていたので、飛翔も撮影しましたが、ピントが合った写真には1頭しか写っていませんでした。

b0107948_205367.jpg


 少し高い場所に止まった時はバリアングルファインダーを見て、撮影しました。

b0107948_2054858.jpg


b0107948_2055777.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-07-20 20:08 | Comments(2)

2016年7月上旬 ミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウ

 この日はミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウの撮影に山に登りました。
 ミヤマシロチョウは当日、観察会も開かれていて、大勢の方がいらしていました。

b0107948_2022306.jpg


 羽化直の個体と蛹があるというので、撮影させてもらいました。

b0107948_2023640.jpg


b0107948_20231360.jpg


 今まで、植樹を探しても蛹がないので、どこにあるのだろうと思っていましたが、周囲の笹で蛹になるとのことでした。

 ミヤマモンキチョウは帰り際、偶然飛んで来て、フウロショウで吸蜜してくれました。

b0107948_20245846.jpg


 卵も産んである場所を教えてもらい撮影しました。

b0107948_2025257.jpg


 当日は知り合いの大勢の方にお会いしました。久しぶりの方もいて、懐かしかったです。
[PR]
by cactuss | 2016-07-18 20:28 | Comments(0)

2016年7月上旬 ゼフィルス達

 この日の朝に出会ったゼフィルスを掲載します。

 メスアカミドリシジミ♀

b0107948_21374787.jpg


b0107948_21375746.jpg


 ハヤシミドリシジミ

b0107948_21381944.jpg


b0107948_21382712.jpg


 別の場所でアイノミドリシジミ♂がテリ張りをしていました。

b0107948_2138574.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-07-15 21:40 | Comments(0)

2016年7月上旬 ウラジロミドリシジミ

 久しぶりに晴れたので、ウラジロミドリシジミを撮影に行った。生息地では前橋のMさんご夫妻がすでに撮影されていた。一緒に長竿で叩きながら、降りてくる個体をチェックしながら進むと、結構、下に降りてきた。雌が降りてきた近くのカシワの葉に雄が止まっていた。

b0107948_2191978.jpg


 その個体を見ているとだんだん翅を開き始めた。

b0107948_2195772.jpg


b0107948_2110555.jpg


 光の当たり具合なのか、翅の先端と内側で違う色になった。本当にきれいだ。

b0107948_21105128.jpg


b0107948_2111162.jpg


 最も開いたところは下の写真。

b0107948_21113343.jpg


 雌の何頭か降りて来てくれたが、開いてはくれなかった。

b0107948_21145926.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-07-13 21:16 | Comments(2)

2016年7月上旬 ツシマウラボシシジミ

 この日は一日中天気が悪そうな予報だったので、足立区生物園へツシマウラボシシジミの撮影に行った。最近、対馬ではシカの食害により食草のヌスビトハギが食べられてしまい、ツシマウラボシシジミほとんどいなくなってしまったとのことで、日本チョウ類保全協会の取り組みで、足立区生物園で増やしてまた、対馬に戻そうとの計画とのこと。なかなか大変な作業である。蝶の温室の中にいるというので、中に入ると小さなツシマウラボシジミが飛んでいた。飛んでいるのはすべて雄の様だ。一度、対馬に撮影に行った際に、雄が飛んでいる姿を見て、青いので感動したことがある。その当時は飛翔写真を撮る技術もなかったので、閉じたところを撮影したのみであったが、一度、青い表翅を撮影したいと思っていた。

b0107948_2012923.jpg


b0107948_20121819.jpg


 かなり暗かったので、あまり鮮明には撮れなかったが、青く見える飛翔写真も撮ることができた。

b0107948_20131192.jpg


b0107948_20132074.jpg


 止まっている時も翅を開くことはあったが、青く見えない。

b0107948_20135364.jpg


 光の当たり具合か、青く見えることもあった。

b0107948_20143587.jpg


 施設の中に蝶の飼育室というのがあったので、外からガラス越しに見てみると、ツシマウラボシシジミの雌に卵を産ませている。温室には雄だけ離し、雌はここで産卵させている様だ。お願いして、卵も撮影させてもらった。

b0107948_20163271.jpg


 なかなか変わった卵だ。
[PR]
by cactuss | 2016-07-11 20:20 | Comments(0)