<   2016年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶

本年、拙ブログをご覧になって頂き、また、コメントを頂き、大変、ありがとうございました。

 今年はうれしいこと、大変なこと、悲しいことなどいろいろあり、フィールドに出る機会が少ない年でした。ただ、3月に定年前にもらえる休暇5日間を利用して、ランカウイ島へ撮影に行くことができたのが大変いい経験になりました。日本にはいない変わった蝶がたくさんいて、大変楽しい時間を過ごすことができました。今年は昨年と同様に撮影にはD800(フルサイズ)とE-M1、E-M5markⅡ(フォーサーズ)を併用しました。望遠レンズとして使用したM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROはなかなかピントが合わず、苦労しましたが、今月末に発売されたE-M1markⅡはカメラ雑誌にはオートフォーカスが非常に速いとの記載があり、カメラ店ですこし試写したところ、確かに速いことを確認しました。来シーズンまでには購入しようと考えています。
 ランカウイ島で撮影した蝶の写真の整理を始めたところ、名前が良くわかりません。外国の蝶は名前がわからないというのがネックであります。それでも今までに10冊以上の外国の蝶の図鑑を購入していましたので、学名を基準にしてまとめてみました。すると1つの学名に2~3の和名が付いているものも多くありました。また、学名は属名+種名の順で記載されていますが、本の出版時期により属名が変わっているものもあり、さらに同じ和名が違う学名の蝶に記載されているものもありました。外国の蝶は学名で記載するのが間違いがないと思います。
 今年最後の写真はランカウイ島で撮影したイナズマチョウの写真です。この蝶はTanaecia flora(フローラアオヘリイナズマ)という種類と思います。

b0107948_09301677.jpg

 皆様、良い年をお迎えください。

[PR]
by cactuss | 2016-12-31 09:31 | Comments(4)

今年仲良くなった蝶たち

 毎年、恒例の今年仲良くなった蝶たちを掲載します。

 撮影順に

 3月5日 モンキチョウ

b0107948_19385228.jpg
 4月9日 トラフシジミ

b0107948_19391977.jpg

 4月17日 アゲハチョウ 家の庭で羽化しました。

b0107948_19393088.jpg

 5月22日 キアゲハ 羽化直の個体です。ある蝶を撮影に行った時に撮影。

b0107948_19394299.jpg

 7月2日 ヒメシジミ

b0107948_19401842.jpg

 7月16日 ホシチャバネセセリ

b0107948_19402829.jpg

 7月18日 シータテハ 人の汗が好きな個体でした。合同観察会の時に撮影。

b0107948_19411811.jpg


[PR]
by cactuss | 2016-12-28 19:00 | Comments(2)

ランカウイ島遠征記(22) フタイロイチモンジ

 次はAthyma nefte(フタイロイチモンジ)です。ヤエヤマイチモンジと同じ属の蝶で、白い線が黄色になっています。

b0107948_19330619.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-12-26 19:35 | Comments(2)

ランカウイ島遠征記(21) ツマジロイチモンジ

 次はLebadea martha(ツマジロイチモンジ)です。日本にはいない目立つ模様の蝶で強く印象に残っています。

b0107948_18323798.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-12-24 18:34 | Comments(2)

ランカウイ島遠征記(20) タテハモドキ、アオタテハモドキ

 次は日本にも生息しているタテハモドキの仲間です。
 Junonia almana(タテハモドキ)

b0107948_23361633.jpg

 Junonia orithya(アオタテハモドキ)

b0107948_23363155.jpg


[PR]
by cactuss | 2016-12-22 23:37 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(19) ジャノメタテハモドキ

 次は、うまく撮影できませんでしたが、Junonia lemonias(ジャノメタテハモドキ)です。蛇の目の紋がはっきり見えます。
b0107948_23382352.jpg
 
 この蝶は以前、西表島で発生したことがあります。その時、西表島に行きましたが、撮影はできませんでした。

[PR]
by cactuss | 2016-12-20 23:40 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(18) クロタテハモドキ

 次はJunonia iphita(クロタテハモドキ)です。本種は石垣島で発生しているイワサキタテハモドキと似ているが、ランカウイ島にはイワサキタテハモドキは生息していない。

b0107948_21124519.jpg

[PR]
by cactuss | 2016-12-18 21:17 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(17) ハイイロタテハモドキ

 次はタテハチョウ科です。まずはタテハモドキの仲間のJunonia atlites(ハイイロタテハモドキ)です。この蝶は良く見かけました。

b0107948_19542799.jpg

 裏面は

b0107948_19543343.jpg

 雄雌で絡んで飛んでいるところも何回か見かけました。

b0107948_19574203.jpg


[PR]
by cactuss | 2016-12-16 20:01 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(16) キチョウの仲間

 次はキチョウの仲間のGandaca harina(ムモンキチョウ)です。

b0107948_19151843.jpg

 裏面の紋がまったくありません。
 次は日本にもいるEurema hecabe(キチョウ)だと思います。

b0107948_19152614.jpg


[PR]
by cactuss | 2016-12-14 19:22 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(15) ベニシロチョウ

 次はAppias nero(ベニシロチョウ)です。このオレンジ色は印象的です。

b0107948_19404397.jpg

 アゲハの仲間とと一緒に吸水していました。

b0107948_19405821.jpg


[PR]
by cactuss | 2016-12-12 19:44 | Comments(2)