2017年9月 9月に撮影した卵、幼虫、蛹

 9月は幼虫、卵などの探索も行いました。初めてだったのが、サトキマダラヒカゲの幼虫です。孵化したばかりは撮影したことがありましたが、大きな幼虫は初めてでした。どうも幼虫は夜行性のため、昼間はなかなか見つからない様です。

b0107948_18384820.jpg

 頭からの写真です。

b0107948_18385700.jpg

 あと、コチャバネセセリの幼虫

b0107948_18390376.jpg

 頭から

b0107948_18391066.jpg

 ミドリシジミの卵

b0107948_18392153.jpg

 クロツバメシジミの卵

b0107948_18393064.jpg

 シジミチョウ科の卵はいろいろ模様があって、楽しいです。

 家ではツマグロヒョウモンの幼虫がたくさんいて、蛹もたくさんぶら下がっています。
 ツマグロヒョウモン前蛹

b0107948_18393867.jpg

 ツマグロヒョウモン蛹

b0107948_18394489.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-10-04 18:49 | Comments(0)

2017年9月下旬 秋の高原の蝶とクロツバメシジミなど

 天気がいい日だったので、近くの高原に行ってみました。マツムシソウはまだ、きれいに咲いていて、そこに、タテハが吸蜜に来ていました。
 アカタテハ

b0107948_18374055.jpg

 ヒメアカタテハ

b0107948_18374881.jpg

 キタテハがいちばんたくさんいました。

b0107948_18375563.jpg

b0107948_18380080.jpg

 家に帰ると庭のブットレアのアオスジアゲハが吸蜜に来ていました。

b0107948_18380719.jpg

 午後はクロツバメシジミの生息地へ、センダングサで吸蜜していました。

b0107948_18381599.jpg

 交尾個体が崖に止まっていたので、期待したのですが、ヤマトシジミでした。

b0107948_18382105.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-10-01 18:44 | Comments(0)

2017年9月下旬 アゲハの幼虫たち

 家の庭にミカンの鉢植えがあり、毎年、アゲハとクロアゲハが産卵してくれる。終齢幼虫になると突然、どこかに行ってしまうので、かなりの数は鳥に食べられている様な気がする。今年は保護しておいたところ、幼虫は順調に育ってくれた。まずはアゲハの終齢幼虫

b0107948_19042022.jpg

 蛹は植樹から離れた家の壁などでなるのが普通だが、今回はミカンの木でになってくれた。

b0107948_19042682.jpg

 今年はクロアゲハの幼虫も多かった。

b0107948_19043959.jpg

 4齢?幼虫

b0107948_19044489.jpg

 アゲハとクロアゲハの終齢幼虫が並んでくれたので、撮影した。

b0107948_19045235.jpg

 上がアゲハの幼虫で下がクロアゲハの幼虫、違いが良く分かると思う。

 今年は久しぶりに植栽してあるコクサギにオナガアゲハが卵を産んでくれ、幼虫がいくつか観察された。
 まずは終齢幼虫

b0107948_19045927.jpg

 3齢?幼虫

b0107948_19050580.jpg

 食樹があるとどこからともなく飛んできて、産卵してくれる。

[PR]
# by cactuss | 2017-09-29 19:17 | Comments(0)