「ほっ」と。キャンペーン

ランカウイ島遠征記(38) Arhopala属

 Arhopala属(ムラサキシジミ、ムラサキツバメの仲間)は裏面だけでは区別が付かないので、まとめて掲載します。

b0107948_18444085.jpg

b0107948_18444718.jpg

b0107948_18445755.jpg

b0107948_18450304.jpg

b0107948_18451052.jpg


[PR]
# by cactuss | 2017-02-05 18:46 | Comments(0)

ランカウイ島撮影記(37) シンジュムラサキシジミ

 ランカウイ島では暗いジャングルの中でArhopala属(ムラサキシジミ、ムラサキツバメの仲間)を何回か撮影しましたが、この仲間は50種類いるとのことで、裏面からは同定は難しく、良くわかりません。唯一、同定できたのが、裏面に特徴的な模様のあるArhopala democritus(シンジュムラサキシジミ)でした。飛んだ時に表が非常にきれいな青でしたが、撮影はできませんでした。

b0107948_20042712.jpg

[PR]
# by cactuss | 2017-02-03 20:06 | Comments(0)

ランカウイ島遠征記(36) モスク

 蝶は写真はちょっと休憩して、ランカウイ島の様子を少し記載します。初日のタクシーの運転手から聞いた話ではランカウイ島はマレー人が80%ほどで、あとは中国人と少数のインド人が住んでいるとのことで、マレー人はイスラム教徒で島内には立派なモスクがいくつかありました。

b0107948_23274142.jpg

b0107948_23274893.jpg

 お祈りの時間になると独特な音楽が流れます。昼間は撮影に出かけていたので、聞こえませんでしたが、朝早くから夜まで1日5回、音楽が流れ、その時間はお祈りをしているとのことです。

[PR]
# by cactuss | 2017-01-31 23:38 | Comments(0)