2006年10月23日 竹富島で撮影

 八重山最終日、14:35石垣発の飛行機に乗るスケジュールなので、それまでの時間を竹富島へ行くことにしました。N荘の奥さんが石垣港まで送ってくれると言うので、お言葉に甘えて車で送ってもらいました。竹富島には今の季節に行ったことがありませんが、蝶がたくさんいる島という印象がありました。フェリーを降りて、島の中へ歩き始めましたが、ほとんど蝶がいません。スジグロカバマダラが少し飛んでいるくらいでした。シルビアシジミ(現在はヒメシルビアシジミとなる)、カバタテハ、メスアカムラサキが以前いた所に行ってみましたが、シルビアシジミはボロが1頭飛んでいただけで、他の蝶はまったくいませんでした。最後に、リュウキュウムラサキがいた所に行ったところ、丁度、雄がテリトリーを張っているところでした。ようやく撮影対象が現れて、ほっとしました。最初はなかなか近づけませんでしたが、だんだん近づくことができ、近くから撮影することができました。この蝶は開翅するとなんともいえない魅惑的な色になります。見る角度により、青くなったり、白くなったりします。

リュウキュウムラサキ♂
b0107948_21104058.jpg


別の個体の開翅写真

リュウキュウムラサキ♂
b0107948_2114398.jpg


飛翔写真も撮ってみました。

リュウキュウムラサキ♂飛翔
b0107948_21131777.jpg


 この場所にはスジグロカバマダラも結構いたので、飛翔写真に挑戦してみました。飛ぶのが遅い蝶なので、簡単に撮影できると思っていましたが、カメラを向けると横に逃げてしまい、なかなか蝶が写っている写真が撮れません。百枚以上撮った中に、見られるものもありましたので、掲載します。

スジグロカバマダラ飛翔
b0107948_21195879.jpg


スジグロカバマダラ交尾飛翔(上♂下♀)
b0107948_21184437.jpg


八重山普通種のリュウキュウアサギマダラも載せておきます。

リュウキュウアサギマダラ
b0107948_21215963.jpg


ユウレイセセリの交尾個体見付けました。

ユウレイセセリ交尾
b0107948_21233693.jpg


 今回は台風の影響もあり、未撮影種の撮影には至りませんでしたが、今まで撮影できなかったシーンを撮影することができ、まずまずの八重山でした。
[PR]
# by cactuss | 2006-11-05 21:41 | Comments(10)

2006年10月22日 西表島で撮影②

 船浦から浦内へ行き、タイワンキマダラを探しましたが、お昼を回っていたためか、見ることはできませんでした。さらに白浜まで行き、シロウラナミシジミ、テツイロビロウドセセリを探しました。シロウラナミシジミは食草のシュクシャの回りを多数、飛んでいました。

シロウラナミシジミ
b0107948_149260.jpg


シュクシャに産卵している雌もいました。産卵する場所は花芽がまだ蕾の株の花芽の下の葉の裏が多い様です。

シロウラナミシジミ♀産卵
b0107948_1411018.jpg

写真の産卵した卵も葉裏に産んでありました。

シロウラナミシジミ卵
b0107948_14112959.jpg


花びらに穴のあいた花を開いてみると、中に幼虫がいました。

シロウラナミシジミ幼虫
b0107948_14124618.jpg


テツイロビロウドセセリは活動時間帯の夕方にはまだ早かったため、成虫を見ることはできませんでしたが、食草のデリスを探したところ終令幼虫が見付かりました。模様が鮮やかです。

テツイロビロウドセセリ幼虫
b0107948_14185819.jpg


また、八重山では迷蝶のキタテハがいました。
b0107948_1420274.jpg


大原への帰りに大きな鳥が飛び立ち、木の枝に止まりました。鳥のことは詳しくありませんので、よくわかりませんでしたが、図鑑を見るとカンムリワシの若鳥は頭と腹が白いと書いてありましたので、カンムリワシではないかと思われます。ご存じの方は教えて下さい。

カンムリワシ(若鳥)?
b0107948_14371113.jpg


大原港から石垣港行きの最終フェリーに乗り、石垣島まで戻り、宿泊先のN荘へ行きました。数年ぶりですが、お久しぶりと迎えてもらえました。明日は月曜日という事もあり、本日の宿泊者は一人だけで、蝶の情報を入手することはできませんでした。
[PR]
# by cactuss | 2006-11-03 14:50 | Comments(10)

2006年10月22日 西表島で撮影①

 八重山2日目は西表島へ行きました。朝、石垣島から船で西表島大原に渡り、レンタバイクを借りて、島内を巡りました。まず、大富林道へ行ってみました。西表島は石垣島に比べて、台風の被害は少ない様でしたが、蝶はあまり飛んでいません。大富林道ではタイワンキチョウが飛んでいるくらいでした。橋の所まで行くと、ヤエヤマムラサキがテリトリーを張っていて、撮影できる位置に止まってくれたので、撮影しました。

ヤエヤマムラサキ♂
b0107948_2285248.jpg


 橋の先でリュウキュウウラボシシジミを撮影しようと思っていましたが、時間が早かったせいか飛んでいませんでした。帰りにマサキウラナミジャノメがいたので、撮影しました。

マサキウラナミジャノメ
b0107948_22173926.jpg


 次に、船浦まで行き、ランタナでホリイコシジミを探しました。よく見ると小さな蝶が多数飛んでいました。ヤマトシジミの半分くらいの大きさです。日本で一番小さい蝶というのもうなずけます。雄は雌探しでほとんど止まりませんが、雌は花が咲く前の蕾を選んで産卵していました。幼虫が孵化した時に花を食べられる様に考えて産んでいる様です。

ホリイコシジミ♀産卵
b0107948_22211824.jpg


 ランタナの近くにはほかの蝶も吸蜜に訪れていました。

ヒメウラナミシジミ
b0107948_22224981.jpg


タイワンクロボシシジミ♀
b0107948_22232345.jpg


タイワンクロボシシジミ♀開翅
b0107948_2224516.jpg


 また、別の場所でシルビアシジミかと思って近づいてみると、オジロシジミでした。数頭が飛んでいました。

オジロシジミ
b0107948_2226010.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-10-30 22:37 | Comments(10)