2006年10月7日 ムラサキツバメ

 本日は所用があったため、朝10時までの間、ムラサキツバメの様子を見に行った。先週は成虫を見かけなかったが、今日はマテバシイの木の上で数頭飛んでいた。なかなか下に降りてこなかったが、その内、下草に止まっている個体を見付けたので、撮影した。開翅写真が撮りたかったが、気温がそれほど低くないため、表が少し見える程度しか開かなかった。

ムラサキツバメ♂
b0107948_19571818.jpg


ムラサキツバメ♂(同一個体、表が少し見える)
b0107948_19575090.jpg


マテバシイの木の根本を探すと、枯葉に付いた蛹と抜け殻が見付かった。これから蛹が羽化して、成虫が増えるのだろう。

ムラサキツバメ蛹
b0107948_19594689.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-10-07 20:04 | Comments(0)

2006年10月1日 家の近くで撮影

 本日は曇っていて、午後から雨が降る予報だったので、家の近くで撮影した。2週間前にムラサキツバメの幼虫を確認した場所に行ったが、まだ、早いのか、成虫はいなかった。曇っているし、あまり蝶はいないので、普通種を撮影した。

コスモスで吸蜜するオオチャバネセセリ
b0107948_2143899.jpg


ベニシジミ(まだ高温期型)
b0107948_2153135.jpg


ヤマトシジミ♀(青みが出る)
b0107948_217015.jpg


庭に植裁している食草に付いていた幼虫。

アオスジアゲハの幼虫(ヤブニッケイ)
b0107948_218121.jpg


クロアゲハの幼虫(ミカン)
b0107948_2184527.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-10-01 23:10 | Comments(2)

2006年9月30日 シルビアシジミの撮影に挑戦

 沖縄方面のシルビアシジミと本土のシルビアシジミが別種に分類される様になり、本土のシルビアシジミが未撮影種となってしまった。未撮影種の撮影のため、山梨県へ師匠と一緒に撮影に行った。現地で横浜のE氏とY氏と合流し、河原の土手を探したが、見付けることができなかった。多数のヤマトシジミの中からシルビアシジミを探すのは大変である。探している時にヤマトシジミの交尾を見付けた。

ヤマトシジミ交尾
b0107948_821820.jpg


別の場所に行くと、土手は草刈りされていた。そこで、ツマグロヒョウモンが産卵していた。こんな所に産んで大丈夫かと思うが、さかんに産卵していた。

ツマグロヒョウモン産卵
b0107948_844773.jpg


枯れ枝に産み付けられたツマグロヒョウモン卵
b0107948_853964.jpg


次に、クロツバメシジミのポイントに移動した。少ないながら、新鮮な個体がいて、充分、撮影できた。

ツメレンゲに止まるクロツバメシジミ
b0107948_885223.jpg


ツメレンゲに止まるクロツバメシジミ
b0107948_883110.jpg


センダングサで吸蜜するクロツバメシジミ
b0107948_893018.jpg


クロツバメシジミ開翅
b0107948_810697.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-09-30 23:13 | Comments(2)