2006年8月12日 ムモンアカシジミなど

 群馬県でキマダラモドキを撮影したことがないため、師匠が以前に撮影したことがある所に行った。そこでいつもホームページを見ているY氏にお会いした。親切な方で昨年、Y氏がキマダラモドキを撮影した場所まで案内してくれた。あいにく、雨が時折、激しく降る天候だったため、キマダラモドキに会うことはできなかった。
 ほかのポイントを回った後、長野県のムモンアカシジミの発生状況を見に行った。ムモンアカシジミはすでに羽化していて、発生木の上を飛んでいた。望遠レンズで撮影していると、雨が降ってきたため、車で待機した。雨が小降りになってきたので、雨宿りに下に来ていないか見に行くと、運良くムモンアカシジミが草の葉の上に止まっていた。風で揺れてもじっと止まっていたため、マクロレンズ、広角レンズで充分撮影することができた。次第に明るくなってくると、翅を広げ始めた。最後にはいっぱいに開翅し、その後、飛び立っていた。開翅した際の鮮やかなオレンジ色はなんともいえなかった。

ムモンアカシジミ♂
b0107948_21191333.jpg


ムモンアカシジミ♂V字開翅
b0107948_21194784.jpg


ムモンアカシジミ♂開翅
b0107948_21202155.jpg


ほかの場所で撮影した蝶
エルタテハ
b0107948_2121898.jpg


オオヒカゲ
b0107948_21311348.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-08-12 21:32 | Comments(8)

2006年8月6日 ヘリグロチャバネセセリの幼虫

 本日は所用があり、フィールドに出られなかったため、7月2日に掲載したツマジロウラジャノメの幼虫に関して、青森のK氏よりご指摘を受けた件に関し、説明します。
 ツマジロウラジャノメの生息地でヒメノガリヤスを食する幼虫をツマジロウラジャノメの幼虫とのことで写真を掲載したところ、K氏より、スジグロチャバネセセリまたはヘリグロチャバネセセリの幼虫ではないかとのご指摘を受けました。図鑑を調べたところ、確かにスジグロチャバネセセリまたはヘリグロチャバネセセリの幼虫であることが判明し、K氏に間違えた旨を報告しました。間違えた写真をそのままにしておく訳にもいかなかったため、その時に撮影した別の幼虫の写真に変更して、変更した写真がツマジロウラジャノメの幼虫であることをK氏に確認してもらいました。
 この間違えて掲載した幼虫がスジグロチャバネセセリかヘリグロチャバネセセリのどちらかわからなかったため、追跡調査を行い、7月15日に蛹を確認し、採取した蛹より7月24日にヘリグロチャバネセセリが羽化したことより、間違えた幼虫がヘリグロチャバネセセリの幼虫であることが判明した。ツマジロウラジャノメの幼虫に間違えたヘリグロチャバネセセリの幼虫および後日撮影した蛹の写真を掲載します。

ヘリグロチャバネセセリの幼虫 7月2日撮影
b0107948_1935488.jpg


ヘリグロチャバネセセリの蛹 7月15日撮影
b0107948_21201742.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-08-06 19:18 | Comments(4)

2006年8月5日 真夏の草原の蝶

 本日は午後から所用があり、遠出はできないため、近くの山へ行った。
撮影した蝶は地味な蝶ばかりになってしまったが、セセリチョウ3種は生息地が
限られたものばかりなので、ご覧になって頂きたい。

ウツボグサで吸蜜するアカセセリ♂
b0107948_21465796.jpg


クガイソウで吸蜜するホシチャバネセセリ
b0107948_21473273.jpg


ヒメジオンで吸蜜するヘリグロチャバネセセリ
b0107948_21481281.jpg


ジャノメチョウの交尾
b0107948_21501666.jpg


アサマイチモンジの幼虫
b0107948_2149968.jpg

[PR]
# by cactuss | 2006-08-05 21:54 | Comments(4)