2017年9月上旬 いつもの山を一回り

 山の蝶もだんだん少なくなりました。一回りして様子を見てきました。誰が植えたかわかりませんが、ブットレアが咲いていました。ミドリヒョウモンがたくさん吸蜜に来ていましたが、その中にクモガタヒョウモンがいました。

b0107948_21483222.jpg

 フレンドリーなシータテハがいました。ハンゴンソウで

b0107948_21484097.jpg

 まだ新鮮なゴイシシジミがいました。

b0107948_21484760.jpg

 飛翔写真も撮ってみました。

b0107948_21485337.jpg

 ミズナラの木の周りをチラチラしているゼフィルスがいました。産卵している様でした。出てきたところを撮影するとエゾミドリシジミでした。今頃、産卵するんですね。

b0107948_21490029.jpg

 帰りに、アワブキの木を見てみるとアオバセセリの幼虫

b0107948_21490774.jpg

 とスミナガシの幼虫がいました。

b0107948_21491337.jpg

[PR]
by cactuss | 2017-09-23 21:57 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2017-09-25 18:51 x
エゾミドリシジミも今頃産卵するんですね。
そういえば、ヒサマツ観察の時にも、エゾミドリシジミのメスが川原に降りてきて、えっ今頃と思いましたが、そういうことなんですね。
クモガタヒョウモンは新鮮な感じですね。
Commented by cactuss at 2017-09-25 19:10
ダンダラさん、エゾミドリシジミも遅い時期に産卵する様です。
以前、9月初めころに榛名山の林道を歩いていたらたくさんのゼフィルスの雌が地面に止まりながら飛んでいたのにびっくりした事があります。産卵の時期だったのかもしれません。
クモガタヒョウモンは夏眠明けですが、きれいでした。
<< 2017年9月中旬 ヒガンバナ... 2017年9月上旬 八ヶ岳の高原で2 >>