2018年5月上旬 白馬へ

 ゴールデンウィーク最終日、今年は一度も白馬へ行っていなかったので、行くことにしました。目的はギフチョウですが、今年は発生時期が早かったらしいので、遅く発生する場所へ行きました。現地に到着してみるとカタクリはちょうどいい感じで咲いていました。まずはカタクリの周りの掃除です。待っていますが、なかなかギフチョウは飛んできません。その内にSさんとMさんがやってきました。高い所を飛ぶギフチョウかヒメギフチョウがいましたが、飛んで行ってしまいました。早く飛ぶ落ち着かないギフチョウもいましたが、撮影できません。なかなか飛んで来ないので、クモマツマキチョウのポイントへ移動すると、Sさんが飛んでいると言います。スミレの近くで待って、吸蜜をねらいますが、飛んで来たクモマツマキチョウはスミレに興味を示すものの飛んでばかりなので、飛翔をねらいました。

b0107948_21455729.jpg

 その内にスミレにも少し止まる様になりました。

b0107948_21460842.jpg

 飛び立ったところ

b0107948_21461427.jpg

 高いところで吸蜜していました。

b0107948_21462316.jpg

 背景を入れた飛翔写真も撮影できましたが、場所がわかってしまうので、ここでは載せません。
 きれいなサカハチチョウもいました。

b0107948_21462935.jpg

 その後で、最初のギフチョウの場所に戻って、待っていると14時頃に1度だけ、現れて、カタクリで吸蜜してくれました。

b0107948_21463769.jpg

b0107948_21464363.jpg

 2~3分で、来た方向に飛び去ってしまいました。寝る前に腹ごしらえをしたのでしょうか。

[PR]
by cactuss | 2018-05-14 22:00 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2018-05-16 20:06 x
数が少なかったとはいえ、ギフもクモツキも一日のうちに撮影できて素晴らしいですね。
しかもそれぞれ結構新鮮ですね。
Commented by cactuss at 2018-05-17 22:23
ダンダラさん、クモツキは多分、同じ個体が巡回していたものと思われます。
ギフチョウも短時間だけ、吸蜜に来てくれただけです。
運良く、両種を撮影できました。
<< 2018年5月中旬 群馬県内で撮影 2018年5月上旬 モンキアゲハなど >>