2018年6月上旬 ヒロオビミドリシジミ

 未撮影のヒロオビミドリシジミの撮影に行って来ました。生息地へ着き、長竿でペシペシと木を叩きますが、ゼフィルスがまったく飛び出しません。ちょっと開けた場所にナラガシワの大木があったので、叩いてみるとゼフィルスが飛び出しましたが、上に飛んで行ってしまいました。別のナラガシワを叩くとゼフィルスが飛び出し、隣のクヌギの木に止まりました。幅広い線が見えるので、ヒロオビミドリシジミの様です。

b0107948_19395276.jpg
 朝日を浴びて、開翅もしてくれました。

b0107948_19400028.jpg
 その内にこちらに向いてくれました。

b0107948_19400676.jpg
 その後で、クヌギの木に降りた別の個体も開翅してくれました。朝日を浴びて、光輝いていました。

b0107948_19401205.jpg
b0107948_19401829.jpg
b0107948_19402529.jpg
 最後は一脚にカメラを付けて、バリアングルファインダーを見ながら撮影しました。

b0107948_19403184.jpg
 毎年、この時期に撮影の計画を立てていましたが、ようやく撮影に行くことができました。

[PR]
by cactuss | 2018-06-16 19:49 | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2018-06-17 07:19
金緑色の輝きがとても綺麗ですね!!
数年前、私が探しに行ったときは時期が遅かったので、
この輝きは見られませんでした。
もう一度、今度は新鮮な雄を探しに行きたくなってしまいました。
Commented by cactuss at 2018-06-17 18:50
fushiginomoriさん、今回、初めて撮影することができましたが、朝日を浴びて、きれいに輝いていました。
西日本へ行かないと撮影できないので、大変ですが、また、チャレンジして下さい。
<< 2018年6月上旬 ヒロオビミ... 2018年6月上旬 ウラクロシ... >>