2018年6月中旬 ウラミスジシジミ開翅など

 ウラミスジシジミ、クロミドリシジミを目的に撮影に行って来ました。長竿で叩くとウラミスジシジミは2匹だけ降りてきてくれました。最初に降りてきた個体は草の中に入り、登ってきましたが、草の影で、そのままでは撮影できない位置にいたので、カメラを手の先に持ち、バリアングルファインダーを見ながら撮影しました。

b0107948_21113525.jpg
 すると突然、開翅しました。

b0107948_21114199.jpg
 この表裏が見える角度がいいですね。さらに開いて

b0107948_21114936.jpg
b0107948_21115768.jpg
 表の青がきれいです。この間、ずっと手を伸ばして、バリアングルファインダーで撮影していたので、手が疲れました。
 もう一度、降りてきてくれました。

b0107948_21150551.jpg
 この個体はもっといい場所に移動させようと近づくと、飛んで行ってしまいました。
 
 この日はウラナミアカシジミが多かったです。

b0107948_21151780.jpg
b0107948_21152331.jpg
 他にはアカシジミ

b0107948_21153027.jpg
 ミズイロオナガシジミ

b0107948_21153763.jpg
 がいました。

 ルリシジミもいて、雌が開翅していました。こちらもなかなかいい色です。

b0107948_21154553.jpg
 隣では交尾していました。

b0107948_21155182.jpg

[PR]
# by cactuss | 2018-06-22 21:28 | Comments(2)

2018年6月上旬 ヒロオビミドリシジミ生息地のゼフィルス

 ヒロオビミドリシジミを撮影した時に出会ったゼフィルスを掲載します。ナラガシワの木を長竿でペシペシした時に最初に降りてきたのはウラジロミドリシジミでした。これじゃないんだと思いながら、関東では珍しい種類なので、撮影していると

b0107948_19011319.jpg
 いきなり開翅しました。濃い青が美しいです。

b0107948_19012121.jpg
 以前、北海道でも撮影したことはありますが、南へ行くほどサイズが大きくなる様な気がしました。
 ウラナミアカシジミも近くで飛んでいました。

b0107948_19012770.jpg
 ミズイロオナガシジミは下草に降りていました。

b0107948_19013262.jpg
 広角で

b0107948_19013700.jpg

[PR]
# by cactuss | 2018-06-19 19:08 | Comments(0)

2018年6月上旬 ヒロオビミドリシジミ

 未撮影のヒロオビミドリシジミの撮影に行って来ました。生息地へ着き、長竿でペシペシと木を叩きますが、ゼフィルスがまったく飛び出しません。ちょっと開けた場所にナラガシワの大木があったので、叩いてみるとゼフィルスが飛び出しましたが、上に飛んで行ってしまいました。別のナラガシワを叩くとゼフィルスが飛び出し、隣のクヌギの木に止まりました。幅広い線が見えるので、ヒロオビミドリシジミの様です。

b0107948_19395276.jpg
 朝日を浴びて、開翅もしてくれました。

b0107948_19400028.jpg
 その内にこちらに向いてくれました。

b0107948_19400676.jpg
 その後で、クヌギの木に降りた別の個体も開翅してくれました。朝日を浴びて、光輝いていました。

b0107948_19401205.jpg
b0107948_19401829.jpg
b0107948_19402529.jpg
 最後は一脚にカメラを付けて、バリアングルファインダーを見ながら撮影しました。

b0107948_19403184.jpg
 毎年、この時期に撮影の計画を立てていましたが、ようやく撮影に行くことができました。

[PR]
# by cactuss | 2018-06-16 19:49 | Comments(2)