<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2018年7月中旬 ヒョウモンチョウたち

 ミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウの撮影の際に撮影したヒョウモンチョウたちです。
まずはコヒョウモンの斑紋異常個体です。前翅下部の黒斑がつながっています。

b0107948_20551121.jpg
 ワレモコウで吸蜜

b0107948_20551929.jpg
 イブキジャコウソウで吸蜜

b0107948_20552496.jpg
 
 フウロソウで吸蜜

b0107948_20553044.jpg

 シモツケソウで吸蜜

b0107948_20553664.jpg
 アザミに2匹

b0107948_20554361.jpg
 ヒョウモンチョウ

b0107948_20555205.jpg
 ギンボシヒョウモンの飛び立ち

b0107948_20555912.jpg
 緑色の良く出たミドリヒョウモン

b0107948_20560559.jpg
 最後にコヒョウモンモドキ

b0107948_20561011.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-31 21:12 | Comments(2)

2018年7月中旬 ミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウ

 一度だけミヤマモンキチョウとミヤマシロチョウに会いに行った。ミヤマモンキチョウは雄は痛んだものが多かったが、きれいな個体が1匹いたので、撮影した。超望遠レンズを付けた状態で、木道の近くのフウロソウで吸蜜したので、引くことができず、大写しの写真になってしまった。

b0107948_08154391.jpg
 飛び立ちも撮影した。

b0107948_08155828.jpg
 アヤメで吸蜜する雌

b0107948_08155208.jpg
 次はミヤマシロチョウの撮影に行った。途中でphotobikersさん御一行と一緒になった。今年はほとんど飛んでいなかった。かろうじて1匹だけアザミで吸蜜していた。

b0107948_08160822.jpg
 飛び立つところもphotobikersさんのご協力で撮影することができた。

b0107948_08161504.jpg

 下山途中で、きれいな雄が飛んで来て、吸蜜してくれた。
 アカツメクサ

b0107948_08162176.jpg
 ウツボグサ

b0107948_08162756.jpg
 ちょっと得をした気分になった。

[PR]
by cactuss | 2018-07-29 08:28 | Comments(6)

2018年7月中旬 群馬県内で撮影

 ゼフィルスの林へ朝早く、行って来ました。この日は気温が高かったため、下に降りてきてくれませんでした。唯一降りてきてくれたのはオオミドリシジミでした。

b0107948_19291752.jpg
 カシワの葉上でウラジロミドリシジミ

b0107948_19292248.jpg
 下をコヒョウモンが飛んでいました。

b0107948_19294847.jpg
 他にはキマダラセセリもいました。

b0107948_19295469.jpg
 場所を変えるとスジグロチャバネセセリがいました。

b0107948_19300074.jpg
 他にはウラギンスジヒョウモンが多かったです。

b0107948_19300580.jpg
 飛び立ち

b0107948_19301126.jpg
b0107948_19301654.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-27 19:39 | Comments(0)

2018年7月上旬 エゾミドリシジミなど

 フジミドリシジミの生息地で、ちょっと違うゼフィルスがいました。

b0107948_19413644.jpg
 よく見るとエゾミドリシジミの様です。LEDライトを当てると開翅してくれました。

b0107948_19414736.jpg
 ほとんど傷のないきれいな雄でした。

b0107948_19415347.jpg
 別の場所で、オオウラギンスジヒョウモンウラギンヒョウモンがいました。

b0107948_19420035.jpg
b0107948_19420543.jpg
 この日は最後に教えてもらったウラクロシジミの生息地へ行ってみました。たしかにいましたが、なかなか止まってくれません。やっと止まりましたが、10mくらい離れた高い葉の上です。脚立に乗って、超望遠レンズで撮影しました。確かにウラクロシジミでした。

b0107948_19421084.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-24 19:51 | Comments(2)

2018年7月上旬 フジミドリシジミなど

 今年は昨年より1週間早く、フジミドリシジミの生息地へ行った。草に止まっている個体を見るとかなりスレている。今年は季節の進みが早いので、発生が早まった様だ。

b0107948_18394545.jpg
 開翅している個体もいたが、結構、痛んでいた。

b0107948_18395298.jpg
 見ていると吸蜜している個体がいた。フジミドリシジミの吸蜜は初めて見た。

b0107948_18395801.jpg
 帰り際、かなりきれいな個体が開翅してくれた。フジミドリシジミらしいいい色だ。

b0107948_18400608.jpg
 別の場所で、ルリシジミが産卵していた。

b0107948_18401200.jpg
 もTG-4で撮影した。

b0107948_18401763.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-21 18:47 | Comments(0)

2018年7月上旬 再びゼフィルスの林へ

 ウラジロミドリシジミ、ハヤシミドリシジミの撮影に再び、ゼフィルスの林へ行きました。この日は天気が悪く、気温も低かったため、長竿で木を叩くと降りてきてくれました。
 ますはウラジロミドリシジミの雄です。

b0107948_21050442.jpg
 開翅もしてくれました。

b0107948_21051003.jpg
 次は雌です。

b0107948_21051723.jpg
 開翅

b0107948_21052317.jpg
 次はハヤシミドリシジミですが、ここにはエゾミドリシジミもいて、判別が大変でした。
 確実にハヤシミドリシジミと思われる個体

b0107948_21053231.jpg
 次もハヤシミドリシジミだと思います。

b0107948_21053920.jpg
 開翅もしてくれました。

b0107948_21054577.jpg
 次はエゾミドリシジミと思われる個体です。

b0107948_21055145.jpg
 ハヤシミドリシジミとエゾミドリシジミの判別が間違っていたらご指摘下さい。

[PR]
by cactuss | 2018-07-18 21:12 | Comments(2)

2018年7月上旬 ゼフィルスの森へ

 次はゼフィルスの森へ行きました。日が当たり始めたところで、卍巴飛翔が始まっていました。その内に1匹が笹の葉に降りてきて、開翅をはじめました。エゾミドリシジミでした。

b0107948_18352506.jpg
b0107948_18353082.jpg
 下草を探すとウスイロオナガシジミも見つかりました。

b0107948_18353632.jpg

 その内にいつもここに来る仲間の方たちが集まり始めました。皆さんでいろいろなことを話しながら、メスアカミドリシジミの卍巴飛翔を望遠レンズで撮影しました。今回はE-M1mk2よりできる様になったオートフォーカスでピントを合わせながら撮影しました。

b0107948_18354352.jpg
b0107948_18354896.jpg
b0107948_18355354.jpg
 ISOを上げなければならないので、画像は荒れますが、なかなかいい感じで撮影できました。
 最後にメスアカミドリシジミの静止写真です。

b0107948_18355753.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-15 18:45 | Comments(0)

2018年7月上旬 ゼフィルスの林へ

 寝ぼけたゼフィルスに下に降りてきてもらうために、早朝から出かけて、林の木を叩きました。今年はいつもと違うゼフィルスが降りてきてくれました。
 ウスイロオナガシジミ

b0107948_19304197.jpg
 朝日を浴びて、開翅してくれました。

b0107948_19304700.jpg
 ウラミスジシジミはここでは初めての撮影です。

b0107948_19305452.jpg
 ミズイロオナガシジミもいくつか降りてきてくれました。
 普通タイプ

b0107948_19310050.jpg
 黒帯の広いタイプが2個体

b0107948_19310527.jpg
b0107948_19311222.jpg
 エゾミドリシジミも数個体が降りてきてくれました。

b0107948_19311754.jpg

 期待していたウラジロミドリシジミ、ハヤシミドリシジミは降りてきてくれませんでした。
 その後は場所を移動して、撮影しました。写真は次回、掲載します。

[PR]
by cactuss | 2018-07-13 19:39 | Comments(2)

2018年6月下旬 メスアカミドリシジミなど

 この日はまず、家の近くの高原に行った。車から降りるとウラジャノメがいたので、撮影。

b0107948_23062164.jpg
 長竿でペシペシしながらゼフィルスを探していると「蝶の観察記録その2」のnisikubotannboさんが来たので、一緒に探すが、あまり出てこない。テリ張りを始めたかと思うと、やめてしまったり、なんか様子がおかしい。ただ、おとなしいメスアカミドリシジミの雌がいたので、モデルになってくれました。

b0107948_23063266.jpg
 表の赤が透けて見えます。
 順光で

b0107948_23063861.jpg
 すると、春日部のたまさんがやってきました。アカシジミなどを撮影しますが、どうもゼフィルスは出来てくれません。

b0107948_23064912.jpg
 ホシミスジはそれなりにいました。

b0107948_23070095.jpg
 場所を移動すると、メスアカミドリシジミが卍巴飛翔をしていました。

b0107948_23072216.jpg
 さらに移動するとエゾミドリシジミがテリ張りしていました。

b0107948_23081379.jpg
 メスアカミドリシジミも隣でテリ張りしていました。ちょっと痛んでいますが、緑色がきれいに出ました。

b0107948_23081973.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-10 23:26 | Comments(0)

2018年6月下旬 ゼフィルス探し

 ゼフィルスを探して群馬県内を回ってみました。
 まだきれいなアカシジミがいました。

b0107948_15174986.jpg
 ジョウザンミドリシジミ

b0107948_15175579.jpg
 メスアカミドリシジミ

b0107948_15180027.jpg
 飛び立ちをプロキャプチャーモードで何回か撮影したところ、1枚写っていました。

b0107948_15180643.jpg
 広角でも撮影しました。

b0107948_15181159.jpg
 その他、ウラジャノメ

b0107948_15181758.jpg
 ミスジチョウ

b0107948_15182246.jpg

[PR]
by cactuss | 2018-07-07 15:22 | Comments(0)