人気ブログランキング |

庭の幼虫たち

 庭の鉢植えのエノキに昨年、ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの母蝶が卵を産んでいきました。昨年、孵化して幼虫となり、無事、越冬し、4月に木の登り始めました。ここまでは4/26の記事に記載しました。その後、ゴマダラチョウの幼虫は4/27に脱皮し、緑色の幼虫となりました。

b0107948_15572504.jpg
 横から

b0107948_15573299.jpg
 アカボシゴマダラの幼虫も5/4に脱皮し、緑色の幼虫となりました。

b0107948_15574031.jpg
 横から

b0107948_15574500.jpg
 ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの幼虫は比較してもらえればわかりますが、微妙に色が違い、尻尾の開き方も違っています。
 エノキの木にはテングチョウの幼虫(5/6撮影)もいました。春先に越冬したテングチョウが飛んでいたので、卵をうんだものと思われます。

b0107948_15575155.jpg
 ただ、この3幼虫はすでにアリに食べられてしまいました。テングチョウの幼虫の右の黒いものがいますが、アリに見つかってしまった様です。幼虫たちはアリに襲われたらひとたまりもありません。生き抜いて、成虫になるのは大変なことです。

 アゲハも庭の鉢植えのキハダに産卵して行きました。卵を経過観察栄ていると4/29に孵化しました。(11:17撮影)

b0107948_15575719.jpg
 その後で、卵の殻を食べて、完食しました。(13:24撮影)

b0107948_15580394.jpg
 5/6現在はアゲハらしい幼虫となっています。

b0107948_15580987.jpg
 不思議なことにアゲハの幼虫はアリに襲われたところは見たことがありません。何かアリがいやがるものを持っているのでしょうか。

# by cactuss | 2019-05-06 16:14 | Comments(0)

2019年5月上旬 赤城山のヒメギフチョウ

 低温続きで発生が遅れていた赤城山のヒメギフチョウがやっと発生しました。5/3に初めて観察され、5/4の観察会に参加された方は40名ほどでしたが、全員が赤城姫(赤城山のヒメギフチョウの愛称)を観察することができました。撮影の方も飛翔写真や止まった写真を撮影できて、満足された様です。
 後翅の赤紋が上がった赤城山の特徴が良く出た個体

b0107948_06283055.jpg
 あまり赤紋が上がっていない個体

b0107948_06283749.jpg
 飛翔写真も載せておきます。

b0107948_06284218.jpg
b0107948_06284969.jpg
 下山して、下の水場でスギタニルリシジミを撮影しました。

b0107948_06285504.jpg

# by cactuss | 2019-05-05 06:39 | Comments(2)

2019年5月上旬 ミヤマカラスアゲハ

 ツツジに吸蜜に来るミヤマカラスアゲハを撮影しました。今年はツツジの花の咲く時期が少し遅い様です。

b0107948_05561028.jpg
b0107948_05561651.jpg
b0107948_05562269.jpg

# by cactuss | 2019-05-03 05:59 | Comments(4)